【チラシの無断投函】個人的に迷惑だと思うチラシの入れ方について

無断投函されるチラシについて

これまで、2回に分けて、雑だったチラシの入れ方について紹介してきました。

その記事については、下記にリンクを貼ります。

チラシの無断投函 チラシの無断投函について チラシの投入を許可していないにもかかわらず、自宅の郵便受けに無断で投函されているチラシについ...
無断投函されるチラシについて 前回、チラシの入れ方が雑になってきたという内容の記事を投稿しましたが、その後も、雑に入れられたチラシ...

個人的に迷惑だと思う入れ方について

乱暴に入れたことが明白

乱暴に突っ込まない限り付かないような、おかしな折り目がついていたり、めくれたりしている部分がいくつもある場合。

これまでに、何度も書いてきましたが、チラシを入れる許可を出していないにもかかわらず、勝手に入れているのだから、「チラシを入れさせて頂いている」という感謝の気持ちをもって、丁寧に入れるのが当然です。

それを、乱暴に入れたり、雑に入れるということは、非常に無礼な行為だと考えています。

きちんと折りたたまない

複数のページがあったり、厚手の紙に印刷されたチラシによくあるのが、きちんと折りたたまずに、「つ」の字のような感じで、曲げただけで投入されるチラシ。

先ほど書いたように、勝手に入れている癖に丁寧さに欠けるという点から失礼なのはもちろんのこと、例えば、長期の外出で郵便受けの中に物がたまっていたり、分厚いものが入っている上に、このように厚手の紙が軽く曲げられただけの状態で投入された場合、それが、郵便受けの投入口の高さまで達してしまうと、次に入れられた郵便物が当たって、曲がってしまったり、シワになってしまう恐れがあります。

ただ失礼なだけでなく、郵便物などを損傷させる恐れがあります。

迷惑ではないけれど気になる入れ方

必要以上に小さく畳む

折らなくても入るものを、わざわざ折って入れる行為。

先ほども書いたように、チラシを入れさせて頂いているという感謝の気持ちをもって丁寧に入れるのが当然と考えているため、綺麗に入れることが当然です。

そのため、入れる側の都合(入れやすさ・スピードなど)が考えられていると伝わるようなチラシには不快感を感じます。

同じものがいくつも入っている

同じものが2つ以上入っていると、最低でも丁寧に入れているようには思えません。

最後に

無断で郵便受けに投函されるチラシは、返送する手段がありません。

そのため、無断であっても、郵便受けにチラシを入れられたら受け取るしかありません。

さらに、内容も確認しなければなりません。チラシの内容に興味が無くても、必要なものと不要なものを分別するのに、簡単にでも、内容を確認する必要があります。

また、不要な場合でも、家庭から出たごみとして、自分で処分する必要があります。

それにもかかわらず、「チラシを入れさせて頂いている」「チラシを受け取って頂く」「読んでいただく」という感謝の気持ちを微塵も感じられないような入れ方をされると、非常に不愉快で、腹立たしく感じます。

今後の対応について

これまでは、「チラシ投函禁止」と言った、ステッカーの掲示は、マンションの他の住人を嫌な気持ちにさせないように控えていましたが、今後も、乱暴にチラシを投函されるようであれば、何らかの対策を考える事にします。

関連する記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする