自分のミスに気づきながら それを隠したスーパーの店員

先日 近所のスーパーに買い物に行った時の話

先日、自宅の近所にあるスーパーに買い物に行ったときの話です。

いつも通り、買い物かごを手に取り、欲しい商品をその中に入れて、レジに行きました。

 

レジでの対応

店員が商品をスキャンしている間

レジの店員が、商品をスキャンしている間に、その店のポイントカードをカードケースから取り出し、現金を置くトレイの上に置いておきました。

それからは、ズボンのポケットから財布を取り出し、電子マネーで支払うため、財布の中から、電子マネー機能つきのクレジットカードを出したりするなど、店員の方を見ていませんでした。

 

店員から金額を言われた後

店員から金額を言われた後、電子マネーで支払いたいことを伝えると、店員がレジの操作を行い、カードリーダーが起動したので、電子マネー機能つきのクレジットカードをカードリーダーにかざしました。

それと同時に、店員が、現金を置くトレイの上に私が置いたポイントカードを手に取り、慌ててレジに通しはじめました。

レジのカードリーダーは、ポイントカードの磁気を読み取る方式で、カードを差し込んだら手前方向にスライドさせる方式です。

店員がカードを半分くらいまで通したところで、カードリーダーの決済音が鳴りました。すると、店員は、ポイントカードを途中で引き抜き、そのまま、印刷されたレシートと一緒に「カードとレシートです。」と言って、レシートの内容を見ることもなく、渡してきたのです。

 

買い物が終わった後

帰宅後、レシートの内容を確認してみると、案の定、ポイントの表示が一切ありませんでした。

ポイントカードがレジに認識された場合

  • ポイントカードの番号(下4桁)
  • ポイント対象の金額
  • 今回付与されたポイント数
  • 合計のポイント数
  • ポイントの有効期限

これらの情報がレシートに印字されます。

 

以前、店員がポイントカードに気付かなかったとき

電子マネーで支払いたいことを伝え、店員が、カードリーダーを起動させた後に、ポイントカードの存在に気付いた際は、一旦、カードリーダーを止めてから、ポイントカードをレジに通し、再度、カードリーダーを起動させていました。

そのため、もしかすると、カードリーダーが起動した後に、ポイントカードを通しても、手遅れなのかもしれません。

 

今回の問題点

ポイントが付かなかった

店員がポイントカードをレジに通していなかったため、本来付与されるべきポイントが、付与されませんでした。

付与されるポイント数は、200円ごとに1ポイントなので、ポイントが多くもらえるキャンペーン商品を買っていなければ、今回の買い物で付与されたはずのポイントは6ポイントと、微々たるものです。

そのため、ポイントが付いていないことを、その場で正直に言ってくれていたら、「そんなの、べつにいいですよ。」と言って、気にもしなかったと思います。

 

ミスに気付きながら隠した

私が怒っているのは、店員がミスをしたことに気付いていながら、それを隠したことです。

ポイントカードを最後まで通さず、途中で引き抜いたことからも、ポイントカードが認識されていないことはわかっていたはずです。

しかし、印刷されたレシートに、ポイントの表示があるかも確認せず、何事もなかったかのように、悪びれた様子もなく、いつも通りに「カードとレシートです。」と言って返却したことは問題です。

結局、ポイントが付いていないことは、一切伝えられませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする